サングラスの色の濃さで何が変わるの?

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『サングラスの色の濃さで何が変わるの?』についてです。

気候が温暖になってくると、本格的な夏に備えてサングラスが欲しくなってきますよね。

オシャレに決めることができるだけでなく、きちんと太陽の光を遮ってくれそうな、より色の濃いサングラスを選んでしまいそうになりますが、実は色が濃いだけのサングラスは、紫外線対策の面ではNGなのです。

人の目は暗い場所に行くと、視界の悪いなかでものを見ようとするため、瞳孔がグッと開くのですが、色の濃いサングラスをかけたとき、これと同じように瞳孔が開いてしまうのだそうです。

その場合、もし色が濃いだけでUVカット機能が備わっていないレンズだった場合、瞳孔が開いている分、より多くの紫外線を目のなかに取り込んでしまうことになるのです。

紫外線対策にサングラスをかけているはずが、かえって逆効果になってしまうなんて、恐いですよね。

サングラスを選ぶときに大切なポイントは、色の濃さではなく、UVカット率の表示を見ることです。

レンズの色が薄くても、きちんとUVカット効果があるサングラスを選んでいれば、目とお肌の健康を紫外線から守ることができますね。

『サングラスの色の濃さで何が変わるの?』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。