屋内でも眩しさが消えないときは?

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『屋内でも眩しさが消えないときは?』についてです。

太陽の日差しが眩しい季節、日中は特に、日向にいるとついつい知らないうちにしかめっ面になってしまうほど、眩しさを感じてしまいます。

屋外ではごく当たり前のことですが、なかにはずっと屋内で仕事をしているにもかかわらず、なんだか目がショボショボする、スマホや蛍光灯など少しの光でもやたらと眩しく感じてしまうという人はいませんか?

目はパソコン作業や、スマホゲームなど、長時間酷使することで、健康な目であれば普段ならそれほど気にならない光でも眩しさを感じ、涙まで出ることがあるのだそうです。

屋内でも目に眩しさを感じるときは、温かい蒸しタオルなどを閉じた目の上に乗せ、ゆっくりと目の筋肉をほぐして血の巡りを良くしてあげてみることで、症状が改善されることがあります。

長時間目を酷使するような作業をするときは、目に負担がかからないように、こまめに休憩をとって、目を休ませてあげることが大切ですね。

『屋内でも眩しさが消えないときは?』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。