ブルーライトは安眠の敵?

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『ブルーライトは安眠の敵?』についてです。

目をしっかりと休ませるだけでなく、体の健康を保つのに最も有効な方法が、睡眠をしっかりととることです。

いつも寝入りが悪く、朝起きても目が覚めず、疲れがとれていないという人は、まずは生活習慣を見直してみて下さい。

例えば、夜寝る前にスマホの画面を見ているという人は多くいるのではないでしょうか。

しかしスマホの画面から発せられるブルーライトは、角膜や水晶体を通し、網膜にまで届いてしまうほど強烈な光で、紫外線に近いちからを持っているのだそうです。

そのため、寝る前にブルーライトを目に吸収させてしまうことで刺激され、休むはずの体がまだ昼間だと勘違いし、覚醒させてしまうため、なかなか寝入ることができなくなってしまうのです。

毎日そんな生活を続けることで体内時計が狂ってしまい、本来起きていなければならない時間に眠たくなったり、快適な睡眠がとれなくなってしまいます。

寝る前は極力スマホやテレビを見ず、少し暗くした部屋でゆっくりと過ごすことで安眠をうながし、目と体の健康を保って下さいね。

『ブルーライトは安眠の敵?』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。