ボストンとウェリントンってどう違うの?

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『ボストンとウェリントンってどう違うの?』についてです。

メガネを選ぶ際に重要なフレームの形ですが、ボストン型とウェリントン型は、一見すると同じような形のため、一体どこが違うのか分からないと言われることがあります。

しかしボストン型はラウンド系のフレームのため、少し丸みがかっており、一方ウェリントン型はボストン型に比べ、やや角がある四角いフレームです。

そのため、同じように見えるこの2つのフレームは、それぞれ似合う顔の形が違っているのです。

丸みのあるボストン型フレームは顎のしっかりとした四角い顔の形の人に似合いやすく、逆にウェリントン型は、丸顔の人に似合いやすいと言われています。

同じように見えるフレームでも、似合う顔の形が違うなんて面白いですよね。

もし、大きめのフレームが特徴的なボストン型やウェリントン型のメガネをお探しの場合、自分の顔の形を考慮しながら、どちらもフィッティングして見られるといいかもしれませんね。

『ボストンとウェリントンってどう違うの?』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。