メガネフレームは色も肝心?

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『メガネフレームは色も肝心?』についてです。

新しくメガネを購入しようと思う場合、メガネのフレームの形はどれが良いかとまずは考えられることが多いのではないでしょうか。

もちろんフレームの形によって見た目の印象は大きく変わりますが、いざ、これだ!と思う形が見つかったとき、そのフレームの色のバリエーションも、色々と試してみられることをおすすめします。

お肌の色が白い人は、特にボストン型やウェリントン型のような大きめのフレームで、濃いブラックなどを選ばれると、フレームの形だけでもインパクトの強いタイプなので、そこに強い色を持ってくることで、尚更メガネだけが特徴的に浮いて見えてしまう可能性があります。

それでもボストン型やウェリントン型のような個性的なフレームは外せないという場合は、ブラックではなく、薄めのブラウンや、べっ甲柄のようなまだら模様を選ぶなど、自分の肌の色に少しでも近い色を合わせることで、強い印象を柔らかく見せることができます。

メガネを選ばれるときは、形だけではなく、是非フレームの色にも注目してみてくださいね。

『メガネフレームは色も肝心?』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。