過矯正のメガネは良く見える?

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『過矯正のメガネは良く見える?』についてです。

新しくメガネを購入したものの、あまりにも遠くまでクッキリと見えている、近くにあるものがはっきりと見えすぎて疲れてしまうといった場合は、過矯正の可能性があるそうです。

一般的に、メガネを使用した場合の視力は1.0程度が良いとされていて、特殊な職業や、何かしらの理由がある場合を除いて、過矯正のメガネをかけることはおすすめではありません。

過矯正のメガネをかけて生活をしていると、目はピントを合わせるために目の筋肉を酷使する状態が続いてしまうため、目に疲労が溜まってしまいます。

必要以上の視力は、かえって目に負担をかけてしまうことに繋がるのですね。

新しくメガネをかける場合、初めは今までの視界よりも鮮明になったことで多少違和感を覚えることがありますが、あまりにも見えすぎている、眼精疲労を感じるという場合は、早めに眼科を受診されたほうがいいかもしれませんね。

きちんと自分に合った度数のメガネで、目と体の健康を守っていきたいですね。

『過矯正のメガネは良く見える?』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。