レンズの汚れの拭き取り方

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『レンズの汚れの拭き取り方』についてです。

メガネのレンズにゴミが付いているのを見つけた場合、おもむろに外して服の裾や袖口でゴシゴシとこすっている方をよく街中で見かけます。

実はこれ、レンズを長持ちさせるには逆効果です。

普段外出されるときにもメガネをかけている場合、レンズの表面には目で見えにくい砂ぼこりなどがたくさん付着しています。

そのため、汚れを取るためにいきなり服などで乾拭きをしてしまうと、レンズについていたホコリを直接さらにレンズにこすりつけることになり、よけいに傷がついてしまうことになるのだそうです。

また、服自体の素材によっては、デリケートなメガネレンズには良くない場合があります。

レンズが汚れてしまったときは、まずは流水で汚れやホコリをきれいに洗い流し、柔らかい布やメガネクロスで優しく拭き取ってあげて下さい。

少し面倒に感じるかもしれませんが、この少しの手間が大事なメガネを長持ちさせるコツなのですね。

『レンズの汚れの拭き取り方』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。