偏光レンズでスポーツを楽しむ

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『偏光レンズでスポーツを楽しむ』についてです。

夏が過ぎると、ウィンタースポーツが好きな方はソワソワしてくるのではないでしょうか。

真っ白なゲレンデに青い空、そんな中をスキーやスノーボードで颯爽と滑り降りると、どんなに気持ちがいいことでしょう!

しかしどんなスポーツにも怪我はつきもののため、事前にきちんと準備をすることが大切ですね。

偏光レンズとは、レンズの内部に特殊なフィルターが挟まれているため、雪や表面の雪解け水によって乱反射する太陽の光をカットし、見えやすくしてくれるレンズです。

この偏光レンズをかけると、白く乱反射して眩しい雪面が、凹凸が分かりやすくまるで砂地のように見えやすくなるのです。

視界が見やすく保たれ、雪面の起伏が判断しやすいと、スポーツをする上でも安全ですし、乱反射によって目に入る紫外線から目を守る事にも繋がるのだそうです。

偏光レンズをまだ使用したことがないという人は、一度試してみてはいかがでしょうか。

あまりの見やすさに、ウィンタースポーツは偏光レンズなしでは考えられなくなってしまいそうですね。

『偏光レンズでスポーツを楽しむ』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。