メガネの見え方がいつもと違うときは?

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『メガネの見え方がいつもと違うときは?』についてです。

一度自分のメガネを視力にきちんと合うメガネを購入すると、個人差はありますが、おそらく数年間は使い続けますよね。

毎日メガネをかけている人は、レンズに細かいキズが付いたり、汚れが気になることはあると思いますが、テンプルが思いきり曲がってしまったり、視界の邪魔になる部分のレンズにキズが付いたりしない限り、買い替えようと思わないかもしれません。

しかし、日常でメガネをかけていて、以前まではここからあの看板の文字がくっきり見えていたのに最近はぼやけているような気がする、メガネをかけていても視界がかすんで見えるときがあるといった違和感がある場合は、一度改めて視力の検査を受けられることをおすすめします。

メガネをかけていても、毎日目を酷使することで視力は変化します。

メガネが壊れた訳ではないし、買い替えるのは勿体ないと思われるかもしれませんが、きちんと自分の視力に合ったメガネをかけないことで、視力はさらに弱くなってしまう可能性があります。

普段の生活のなかで、少しでもいつもと見え方が違うと感じられたときは、早めに眼科やメガネショップで相談してみて下さいね。

『メガネの見え方がいつもと違うときは?』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。