目のかゆみにご用心

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『目のかゆみにご用心』についてです。

毎年秋になると目がかゆくてたまらなくなるという人はいませんか?

春に症状が多く現れるイメージの強い花粉症ですが、実は秋にも同様の症状が現れるケースが増えているのだとか。

秋は空き地や道端などに生えているブタクサやカナムグラ、ヨモギやカモガヤなどによって、目のかゆみや充血などの症状が引き起こされるのだそうです。

スギやヒノキといった名前はよく聞きますが、聞きなれない植物の名前に戸惑ってしまいそうですね。

秋になると毎年目がかゆくなったり、充血が気になるという人は、アレルギー性結膜炎を引き起こしている恐れがあるため、早めに眼科で検査を受けられることをおすすめします。

花粉症は一度発症すると、完治ということは難しいそうですが、花粉症の侵入を防ぐ効果のあるメガネをかけたり、普段から対処することで症状を和らげることが可能です。

また、早期に対策をしておくことで、症状が悪化することを防ぐことができるので、目に違和感を覚えたら、まずは一度検査を受けてみるといいかもしれませんね。

『目のかゆみにご用心』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。