老眼の症状とは

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『老眼の症状とは』についてです。

もしご両親やご家族が、携帯電話や新聞の文字が見えづらそうにしている場合、それは老眼の症状が始まっているのかもしれません。

老眼は高齢者に起きる症状だと思われがちですが、実は多くの場合は40代から目の老化は始まっているのです。

老眼の特徴的な症状としては、近くにある細かい文字が見えにくい、遠くの景色を見ていて近くのものを見るとき、または近くのものから急に遠くのものを見るときにピントが合わず、見えるようになるまでに時間がかかるなどが挙げられます。

老眼は目の老化現象のため、治すということは難しいのが現状です。

ただし、初期に老眼の症状を把握することで、老眼鏡をかけるなどの対策を講じることができるので、見えにくい裸眼の状態で無理にものを見ようとすることで目に負担をかけてしまうという悪循環を防ぐことができます。

見え方に不安を感じたら早めに検査を受け、自分の症状に合った老眼鏡をかけて快適な生活を送ってくださいね。

『老眼の症状とは』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。