これって老眼のサイン?

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『これって老眼のサイン?』についてです。

老眼はおおよそ40代頃から誰にでも起きる、目の老化現象です。

初期症状は人それぞれ違いますが、例えば、お父さんやお母さんに携帯電話で撮影した画像などを見せると、目を細めて携帯電話を遠ざけて見ようとすることはありませんか?

これも、ひとつの老眼のサインと言えるでしょう。

新聞や本、携帯電話の小さな文字などを見ようとすると、それまで普通に見れていたはずなのに、目を離して見なければピントが合わないような状態であれば、老眼の症状が現れている可能性が考えられます。

もし身近なご家族が、以前よりも新聞や携帯電を目から離して見ている様子を見かけたら、早めに検査を受けられることをおすすめします。

見えにくいものを頑張ってなんとか見ようとすることで、目には余計な負担がかかってしまう恐れがあります。

老眼の症状がでてしまっても、自分の状態や見え方に適した度数の老眼鏡をかけることで、快適な生活をおくることができます。

自分だけではなく、身近な人の何気ない仕草から、早めに気付いてあげられるといいですね。

『これって老眼のサイン?』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。