ドライアイにはメガネが最適?

こんにちは!メガネコラム担当の桜井です。

メガネ本舗のメガネコラムでは、メガネについての小話や選び方のコツなど、お客様のメガネライフのヒントになるコラムをお送りしたいと思います。

今回ご紹介するのは『ドライアイにはメガネが最適?』についてです。

暖房が効いたオフィスでデスクワークをされている人のなかには、ドライアイに悩まされている人も多いのではないでしょうか。

ドライアイを引き起こす原因としては、湿度が充分にない部屋で過度にエアコンを使用したり、長時間のパソコン作業などが挙げられますが、普段コンタクトレンズを使用しているという人も、実はドライアイになりやすいことが分かっているのだそうです。

コンタクトレンズの構造上、本来目を守るために表面にしっかりとある涙の膜を、コンタクトレンズをつけることで、レンズの内側と表面に分けてしまうのだそうです。

健康な状態の涙の膜よりも薄くなってしまったままで、長時間過ごしているとどうしてもドライアイになりやすくなってしまいます。

ドライアイの症状を悪化させないためにも、過度に暖房の効いた部屋でお仕事をする人などは、一定期間コンタクトレンズをメガネに替えてみるというのも、目の健康を守るひとつの手かもしれませんね。

『ドライアイにはメガネが最適?』についてご紹介させていただきました。
みなさまのメガネ選び、快適なメガネライフのお役に立てればなによりです。

視力やメガネについての疑問質問など、
お近くのメガネ本舗のスタッフにお気軽にお尋ねください!
あなたにぴったりなメガネをご提案させていただきます。